独学@1級土木施工管理技士試験

〜独学で1級土木施工管理技士試験を目指す方のための情報・ツール提供サイト〜

出題傾向分析結果


 下図は過去問題を独自に分析した結果をグラフにしたものです。横軸に出題範囲の広さ、縦軸に出題頻度をとっており、右上に位置している分野ほど出題範囲が狭く、出題頻度が高い傾向を示しています。より覚えやすく、重要度が高い分野といえます。なお、円で示した大きさは得点配分の大きさを示しています。
 注)円の大きさは各グラフの対象分野における相対的な大きさであり、他のグラフ間ではスケールが異なります。

1級土木施工管理技士試験大分野の出題傾向(平成9年〜19年度)



  注)「専門」分野は「構造物」分野および「道路・舗装」分野のみ対象とした。

1級土木施工管理技士試験一般土木分野の出題傾向(平成9年〜19年度)

1級土木施工管理技士試験専門分野の出題傾向(平成9年〜19年度)



  注)「構造物」、「道路・舗装」分野以外の専門分野の出題分析は行っておりません。

1級土木施工管理技士試験法規分野の出題傾向(平成9年〜19年度)



  注)これまで毎年出題されてきた港則法に関する問題が19年度において出題されなかったので注意が必要。

1級土木施工管理技士試験共通分野の出題傾向(平成9年〜19年度)

1級土木施工管理技士試験施工管理分野の出題傾向(平成9年〜19年度)



  注)「環境保全」分野は他の分野と比較して極端に出題数が少なく、範囲も広いため比較対象から除外した。


 

過去の出題内容

 

選択問題Aの問題内容の内訳(平成9年〜19年度)



必須問題Bの問題内容の内訳(平成9年〜19年度)



ページのトップへ戻る